物語の部屋
トップページへ戻る
カワセミ・かわ太郎のお話
カワセミ・かわ太郎のお話
 ぼくはカワセミかわ太郎。8人兄弟の3番目さ。ついこの間まで暗い穴の中(1)
暗い穴の中(1)
カワセミはくちばしを使い、土手などの土の壁(かべ)に直径(ちょっけい)5cmほどの穴(あな)を1mほどほり、中に卵(たまご)を産(う)みます。雨がふりこまないように、少しななめ上にむかってほるそうです。
にいたんだ。毎日お父さんとお母さんが魚やエビ、ザリガニ(2)
魚やエビ、ザリガニ(2)
小魚やエビ、ザリガニなど、池や川、海辺(うみべ)などにすむ生きものを食べます。水辺に立っている杭(くい)などから水中に飛(と)びこんでつかまえ、獲物(えもの)は枝(えだ)にたたきつけて弱らせ、丸のみにします。
なんかを運んでくれて大きくなったんだよ。今思うと、穴(あな)の中は臭(くさ)かったなあ!みんな、中でフンをしたり、魚の骨やウロコなんかをはき出して(3)
魚の骨やウロコなんかをはき出して(3)
魚のウロコや骨(ほね)、ザリガニの殻(から)などはかたくて消化できません。そういったものはかためて口からはき出します。それをペリットといいます。
いたからね。でも兄弟みんないて温かいし、エサは運んでもらえるし、とっても安心できた。

 穴(あな)の中で生まれて3週間くらいたったころかな、お父さんとお母さんがあまりエサを持ってきてくれなくなって、「出ておいで!」って言いはじめた。しばらくガマンしたんだけど、次の日にとうとうお腹(なか)がぺこぺこになって、外に出ちゃったよ。うわー!なんて明るいんだ!最初(さいしょ)はびっくりして近くの枝(えだ)でふるえていたよ。そしたらお母さんがやってきて、大好物(だいこうぶつ)のエビをくれた。それから穴(あな)の外の生活が始まったんだ。あとで聞いたんだけど、お父さんが言うには、ぼくらの生まれた穴(あな)は普通(ふつう)じゃないんだって。たしか…コンクリートにあいている穴(あな)(4)
コンクリートにあいている穴(あな)(4)
カワセミは、土手などの土の壁(かべ)に巣穴(すあな)をほって子育てをしますが、そういった場所がなくても、コンクリートの壁(かべ)にある水ぬき穴に巣を作ったことがあります。
を使ったんだって言っていたような…。ご先祖様(せんぞさま)から代々伝(だいだいつた)わる話(5)
ご先祖様(せんぞさま)から代々伝(だいだいつた)わる話(5)
昭和30年代の高度経済成長期(こうどけいざいせいちょうき)には、工場や畑、家などから出るよごれた水のため、川や池ではカワセミが食べる魚やエビなどの生きものが少なくなってしまいました。また、川岸もコンクリートなどで固(かた)められたため、巣穴(すあな)もほれなくなり、一時は「まぼろしの鳥」とも言われていました。
では、この辺も昔は緑の多い場所だったらしいけど、人間が来てから土手がコンクリートになり、一時は魚もすめないきたない池になったんだって。

 巣立(すだ)ちから何日かすると、お父さん、お母さんがぼくたちにエサのとり方を教えてくれるようになった。すごいスピードで水に飛び込んで、浮(う)かんでる葉っぱや枝(えだ)をキャッチするんだ。はじめはこわかったけど、ぼくも勇気(ゆうき)を出して飛(と)びこんでみたよ!でも失敗(しっぱい)。はじめて魚を捕(つか)まえたのはそれから数日たってからさ。うれしかったなあ!くちばしの中で動く魚をたたきつけて弱らせ、飲みこんだ時は…なんか力がわいてきて、大人になった気分だった!

 それからさらに一週間がたつと、ぼくはこの場所をひとりじめしたくなったんだ。どうやら、ぼくたちは、スズメみたいに群(む)れで生活することは苦手で、なわばり(6)
なわばり(6)
子育てをする春や夏をのぞいて、秋や冬にはカワセミは一羽で生活をします。たとえオスとメス、あるいは春に親子だったとしても、追いはらったり、くちばしでつついたりします。
をもって一羽で生活するのが好きみたい。結局(けっきょく)ぼくは近くの川に飛んでゆき、新しい生活の場所にしたよ。そうなって初めてわかったんだけど、ぼくと同じ小魚やエビが好きな鳥(7)
小魚やエビが好きな鳥(7)
コサギ、アオサギなどのサギの仲間や、カイツブリなど、魚やエビなどを食べる野鳥がたくさんいます。
はけっこういるね。そして、こわい敵(てき)(8)
こわい敵(てき)(8)
カワセミの天敵(てんてき)は、アオダイショウです。毎年子育てのシーズンになると、巣穴(すあな)にアオダイショウがやってきて、卵(たまご)やひなを食べてしまいます。巣立(すだ)ってからも、ツミなどのタカの仲間におそわれることもあります。
もいることがわかった。でもまけずにがんばって生きるぞ!応援(おうえん)してね!

 

物語を読んだ人は、
カワセミクイズにチャレンジ!
カワセミに会いたい人は、ここに行こう!
サウンドON
鳥の選択画面へ