物語の部屋
トップページへ戻る
キンクロハジロのきんちゃんのお話
キンクロハジロのきんちゃんのお話
 わたくしはキンクロハジロのきんちゃんともうします。いやあ、11月の日本も寒くなってきましたねえ。といってもわたくしが夏の間におりました北国(1)
北国(1)
夏の間は、ロシアなどの北国で、子育てをします。
は、今ごろもっと寒くなっていて、とてもすごせないと思いますがね。まあ、そういうことで、寒さをさけ、群(む)れで日本をおとずれているのです。

 好きな場所は、川や沼(ぬま)や湖などの淡水(たんすい)(2)
淡水(たんすい)(2)
海や海に近い河口(かこう)とはちがい、塩分(えんぶん)のない水の場所です。
の場所でございます。そこで、水の中にもぐって食べもの(3)
食べもの(3)
雑食(ざっしょく)で、水草や、貝やエビなどを食べます。
をさがしながら、すごしております。けっこう人間の近く(4)
人間の近く(4)
公園の池や、お堀(ほり)などでも観察(かんさつ)でき、よってくるものもいます。
でも大丈夫(だいじょうぶ)でして、最近(さいきん)ではエサまでくれる心やさしいかたも多いので、わたくしのほうから近くまでよっちゃったりもします。

 でもたまにカチンとくることがあるのです。それは、人間が「あのカモねぐせがついている!」って、わたくしの頭を指さすことです!よーくごらんください!この頭の後ろの長い羽(5)
頭の後ろの長い羽(5)
冠羽(かんう)といって、頭の羽毛のなかで、ひときわ長い羽をいいます。
!どのカモたちも同じでしょ!わたくしたちオスの方が長くて、メス(6)
メス(6)
オスよりも冠羽(かんう)は少し短く、お腹(なか)の白さも目立ちません。
は少し短いのですけれど。しかもこの頭の羽は、これから春にむかって、さらにのびて立派(りっぱ)になるんですよ!!!

 ちなみに夏の間は北国で子育てをするわけですが、水辺の草が生い茂(しげ)っている場所(7)
水辺の草が生い茂(しげ)っている場所(7)
子育てをするときには、天敵(てんてき)などにみつからないように、アシなどの水草が生い茂(しげ)る水辺(みずべ)を好(この)みます。
が大好きです。天敵(てんてき)からも隠(かく)れやすいですからな。そしてメスが水草をあつめて作ってくださいます。ありがたい話です、、、。卵(たまご)は10個(こ)ほどで、25日ほどあたためるとかわいいヒナがかえり、50日くらいかけて飛(と)び立つのです。
みなさん、またどこかでお会いしたときには、くれぐれも私の頭をバカになさらないように、お気をつけて下さいませ。

 

物語を読んだ人は、
キンクロハジロクイズにチャレンジ!
サウンドON
鳥の選択画面へ