物語の部屋
トップページへ戻る
アオジのチーコォのお話
アオジのチーコォのお話
 「チッ、チッ」(1)
「チッ、チッ」(1)
冬の間は、子育てをしないので、オス、メスともに地味な声で「チッチッ」と鳴きます。
わたしはアオジのチーコォ。わたしぃ、こんな小さい体(2)
小さい体(2)
ほぼスズメほどの大きさです。
だけどぉ、旅をするのが大好きなのぉ。暑~い夏は、北海道や本州の高い山ですごしてぇ、冬になったら雪のあまりふらない所ですごすのぉ。だから、冬は意外と大都市の公園にもいるんだよぉ。

 みんなに会えるのは都会におりてくる冬が多いと思うけどぉ、わたしとっても恥(は)ずかしがり屋だからぁ、冬のあいだはウグイス(3)
ウグイス(3)
春に「ホーホケキョ」と美しい声でなくウグイスも、冬のあいだはやぶやしげみの中で「チャッチャッ」という地味な声で鳴きながらすごします。
さんと同じでヤブやしげみ(4)
ヤブやしげみ(4)
ウグイスやアオジなど、様々な小鳥がひそむ大事な場所です。
の中にいっつもいるのぉ!だからきっとぜんぜん見たことないと思うんだぁ。ただ、わたしたちって、人間が近づくとこわいのでぇ「チッチッ」って鳴き声を出してにげるからぁ、それに気づくことが見つけるポイントかもぉ!

 夏になったら山で子育てをするんだけどぉ、いまはシャイな男の子たちも、そのころは気のてっぺんにとまって、とってもきれいな声でさえずり(5)
さえずり(5)
春の子育てシーズンにオスがメスにアピールしたりするための鳴き声です。
をするんだからぁ!ああ、早く夏にならないかなあ。

 ちなみにぃ、オスとメス、けっこうにているんだけどぉ、クチバシのつけね(6)
クチバシのつけね(6)
クチバシのつけねと目の間が黒いのがオスの特徴(とくちょう)です。
と、頭の色(7)
頭の色(7)
オスのほうが多少緑がかっています。
はけっこうポイントになるかなぁ。

 食べもの(8)
食べもの(8)
植物のタネや虫を食べます。
はぁ、虫や、植物のタネが大好きなんだぁ!冬でも雪がつもらなければ雑草(ざっそう)はけっこうどこにでも生えてるしねぇ。ああー早く夏にならないかなぁ。

 

物語を読んだ人は、
アオジクイズにチャレンジ!
サウンドON
鳥の選択画面へ